結婚式や結婚祝いのお返しに、アルバムギフトを返す時は、そこそこ値段の張るものを選んだほうがよい。

結婚式のお祝いと贈り物マナー
CONTENTS
結婚式のお祝いと贈り物マナー

結婚式のお祝い返しのアルバムギフトは、値の張るものを選ぶべき

たいていの人は、結婚式の引き出物の中にアルバムギフトを入れています。私もその一人でした。結婚式には、主人の仕事関係者がたくさん呼んでいたので、品物を自分で決めるよりは、アルバムギフトを入れたほうが悩まなくていいと思いました。私の結婚式の引き出物には、バームクーヘンとカタログギフトと、お赤飯を入れました。結婚式に来てくれた人に、感謝を表すために、美味しいバームクーヘンを選んだり、カタログギフトも安価なものを選び過ぎないようにしたり、工夫しました。アルバムギフトには、苦い思い出があります。会社の同期が結婚して、その結婚式に参加したとき、引き出物にアルバムギフトが入っていました。田舎だったので、とても盛大な結婚式で、お色直しを3回もやって午前中から夜までかかる大掛かりな式でした。全てが終わって、自宅に帰ってから引き出物を出して見ました。ドキドキ期待して中を見て、びっくりしました。なんと、そのカタログギフトは厚みはありましたが、中身がマニキュア1本やマグカップ1個等しか載っていませんでした。結婚式に来てくれた人に、安価なカタログギフトを入れるくらいなら、入れないほうがましだと、その時に思いました。それ以降、何回か結婚式に出席しましたが、さすがに誰もマニキュア1本のカタログギフトを引き出物に入れている人はいませんでした。自分が結婚式をしたときは、その経験をもとに、4000円ほどのカタログギフトを選んで入れました。料理と会場のお金、ドレス代で、足が出ました。ですが、結婚式に来てくれた人に、嫌な気持ちになって欲しくありませんでした。たいていの人が入れるカタログギフトは、3000円くらいなので、内容が良かったのか、内容を見た人達が、「いい物がたくさん載っていたよ。ありがとう」と言ってくれました。その時に、いい品物を選んで良かったと思いました。カタログギフトは、注文の締切期限があるので、それは要注意です。たいてい、カタログギフトのメーカーから、連絡があるので、締め切り間際でも、まだ注文がされていない出席者には、こちらから連絡を入れました。そういう配慮も必要だと思います。

おすすめリンク

Copyright (C)2014結婚式のお祝いと贈り物マナー.All rights reserved.